ブログ | 腰痛頭痛肩こり疲れ、オステオパシーは上大岡の整体院【ハビタ整体ラウンジ∴】

ブログ

10th anniversary

  • カテゴリー:

皆様、こんにちは。




本日、ハビタ整体ラウンジは記念すべき10周年を迎える事ができました。




こうして10周年が迎えられましたのは、ひとえに皆々様のお陰と深く感謝しております。




ハビタ整体ラウンジでは10周年を迎え、より快適にご利用して頂ける様、店内をリニューアルいたしました。


10年おこない改善点を含め、シックな落ち着きのある空間へと変わりました。


ご来院の際はお楽しみ下さい。




また、知識、知恵、テクニックにおきましても開業当時とは断然上回る施術内容を皆様にお贈りいたします。


整体の領域を超えた施術、オステオパシーの知識に基づき皆様のご健康にお役にたてればと思います。




これからも精進してまいりますので、今後ともよろしくお願い致します。




http://www.habitat-lounge.com




https://m.facebook.com/%E3%83%8F%E3%83%93%E3%82%BF%E6%95%B4%E4%BD%93%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%B8-638424442890191/




http://s.ekiten.jp/shop_5920125/

内臓マニュピレーションを受講してきました

  • カテゴリー:

皆様、こんにちは。


新年、いかがお過ごしですか。


私は新年早々、オステオパシーの授業のため5日間お休みを頂いていました。


年明け早々お休みを頂き皆様にはご迷惑をお掛け致しました。


が、今回の授業は大変すばらしい授業だったので、きっと今まで以上に皆様のお役にたてるのではないかと自負しております。


今回は内臓マニュピレーションを受講してきました。


これは内臓自体の疾患、また運動器の疾患にまで絶大な効果が期待できるテクニックです。


腹腔内臓臓器は何層かの腹膜や靭帯によって互いに繋がりをもち、それらはまた筋骨格をかえし保持保護されています。


それらの関係性から体の繋がりがより理解する事ができました。


私自身、胆のうの摘出手術をしているので、術後起こる癒着によるツレ感と時に感じる鈍痛が、肝十二指腸間膜の辺りに起きた癒着だなと思いました。


私はその影響が今では首の痛みと可動域減少に繋がっています。


しかし、その痛みは学校の仲間に治療していただける事で、毎回軽減してもらってます。

感謝、感謝。。


皆様のその痛み、もしかしたら内臓からの影響もあるかもしれませんね。


でもそんな心当たりのある方、是非ハビタ整体ラウンジにご相談下さい。


きっとお役にたてると思います。




写真は、今回の授業 内臓マニュピレーションの講師をしていただいた、Francois Allart, DOUK)です。

とてもすばらしい授業に釘付けでした。

私の着ているポロシャツは、学校のエンブレムの入ったJTOC1期生のみんなで作ったユニフォームです。

大変氣にいっています!。

相変わらず変な頭の私ですが、、。笑


http://www.habitat-lounge.com


https://m.facebook.com/%E3%83%8F%E3%83%93%E3%82%BF%E6%95%B4%E4%BD%93%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%B8-638424442890191/





4年ぶりの再会

  • カテゴリー: ブログ

皆さま、こんにちは!。

ホームページリニューアル以降、使い方がわからなかったブログを、先日大変お世話になっているTrightの代表 中村さんに教わり、ようやく更新する事が出来る様になりました。

彼と知り合ったのは6年前、まだホームページ業者の社員だった彼は、当院にホームページ作成の営業をする為、電話をしてきました。
当初、よくある営業だと思い断っていましたが
彼は何度となく当院に連絡をくれました。
営業の方で多いのは自分のペースに持ち込む為の口調をし強引に打ち合わせに繋げようとする方が多いのですが、彼はこちらの状況を常に考慮しながらの電話でした。
それでも私は断り続ける中、だんだんと氣の知れた関係が築かれていたのは彼の作戦でしょうか。笑

そんなやり取りをしてはや2年が経った頃、彼は施術の予約を入れ代金を支払うから打ち合わせをさせてくれと言ってきました。
2年も粘り、その上打ち合わせの為に予約をするなどと言った者は彼だけしか今までいません
私はある意味、根気負けし打ち合わせに応じました。笑

そして彼とのお付き合いは今も尚続き、現在のホームページに至っております。

そんな中村さんは、今年の7月 Tright株式会社とを起業し、精力的に業績をあげています。
私は、そんな素晴らしい彼とお付き合いが出来
る事を光栄に思い、また私自身にエネルギーを与えてくれています。

そんな彼に見習い、これからも皆さまのお役にたてる様、精進していたいと思います。



右膝の痛み(変形性膝関節症)

  • カテゴリー: 四肢の症状

症状

右膝の痛み(変形性膝関節症)

 

既往症

右太もも肉離れ
膝に水が溜まり、何回か抜きました。ヒアルロン酸注射を5回打ったが痛みは変わりませんでした。

 

施術内容

全身を診断したところ、膝自体に変形が有り動きもよくありませんでした。
右大腿直筋に肉離れの後遺症か、非常に筋肉が硬くなっていました。
まずは肉離れの影響かと思い、筋肉をゆるめ膝のお皿の動きは改善されました。 膝関節自体、特に靭帯、半月板への施術をしました。 何回かそんな施術を繰り返している中 、内臓からの影響を確認してみたところ、腸間膜に硬さを確認しました。 そこで、腸間膜をゆるめ膝の状態を確認してみたところ、可動域が戻り痛みもほぼない状態になりました。 その後、ソフトボールをやられていた この方はジャンプまでは怖いみたいですが、走る事が可能になったと喜びの声を頂きました。
この方の場合、結果腸間膜の硬さが原因で膝が痛くなったのではないかと思います。肉離れもそれが原因でおきていたのかもしれません。 ただ、なぜ腸間膜が硬くなったのか?
opの経験もなく、癒着を起こす原因もさだかではありません。
そう言った意味でもしかしたら、日頃の食べ物が腸を硬くした原因になっていたかもしれません。 乳製品、甘い食べ物などは腸を硬くすると言われています。または、ストレス?。 そう言った事が原因となっている場合もある事を知っていて下さい。

 

アンチエイジング

  • カテゴリー: アンジエイジング

症状

ほうれい線 お顔の歪み など

 

既往症

片側で食べ物を噛む習慣のある方 など

 

施術内容

こちらでは「お顔の整体コース」の施術についてお話します。
まず、お顔のチェックを致します。左右への歪み、アゴの開き方などを確認します。
その後に、オリジナルな指圧法でお顔から頭まで刺激をし、筋肉の緊張や骨格の歪みを細かく確認していきます。
そして筋膜を緩める療法で原因となる筋肉、骨格にアプローチをしていきます。

先天的な骨格、肉付きの特徴などで、個人差があります。
また、効果の持続を求められる場合、始めは定期的に行う事をオススメします。

冷え性 男性

  • カテゴリー: 内臓関連

症状

下肢の冷え。寝ている時特に冷えを感じ、眠れない時もある。

 

既往症

肝気腫、右手骨折

 

施術内容

全身を診断したところ、下肢の神経の動きはそれ程悪くない事を確認し、腹部傾聴で腹大動脈の拍動の異変を確認しました。呼吸を深く吸う度に拍動が小さくなる事から横隔膜を調べてみたところ、横隔膜の動きの悪さがありました。そこで横隔膜の施術を行い冷えが改善されました。

過去に肺気腫の手術をされていた事から、縦隔の癒着を起こし横隔膜を緊張させ、動かなくなったのだと思います。横隔膜には3つの開口部が有り、静脈裂孔、 食堂裂孔、動脈裂孔があります。 その中の動脈裂孔には正中弓状靭帯と言う靭帯が動脈周りを囲んでいます。横隔膜が硬くなる事により、その靭帯に動脈がしめつけられ、下肢に行く血流が悪く なった結果、下肢に冷えが現れたと思います。施術以降、その方から冷えの症状の訴えはなくなりました。

 

腰痛 30代女性

  • カテゴリー: 腰痛

症状

半年前から腰に痛みを感じ始めました。初めは日常的にある腰痛かと思っていましたが、時を重ねるにつれ痛みが増してきました。今では腰から局部にかけて痛みます。座りの動作で痛みが増すとの事でした。

 

既往症

10年前位に腰椎椎間板ヘルニアと診断された、仕事のストレスの為、精神科への通院

 

施術内容

全身を診断したところ、頚椎1番に強い歪みと骨盤に強い制限を確認しました。まずは脊柱の歪みは基本重要なポイントになるので、頚椎を整え骨盤を整えまし た。2回目の施術に来て頂いた際、頭痛、首肩のコリは自覚はなくなったが、腰の痛みは半減はしたがまだ気になるとの事でした。そこで骨盤周りを更に検査を 深めたところ仙骨の歪みを確認し施術を行いました。3回目の施術に来て頂いた際に、腰痛はほぼ改善したとの事なので、戻りを防ぐ為もう1度仙骨を施術し骨 盤隔膜を調整し、その後腰痛は出なくなった様です。

この方の場合、趣味で乗っていたバイクでの長いツーリングが原因になったのか、仙骨の裏から股関節に向かう梨状筋と言う筋肉も痛みが出ていました。仙骨の 歪みが腰部殿部に影響を与えたのだと思います。施術後以降、長いツーリングに行かれても腰殿部共に痛みは再発せず、2ヶ月に1回位の割り合いでメンテナン スに来院されています。

首から肩にかけてのコリ、痛み

  • カテゴリー: 首・肩こり

症状

・左の首から肩にかけ痛みを伴うこり感 ・首を横に曲げた時の可動域消失

 

既往症

バイクによる交通事故、骨折を、右手首、左肘。様々な治療をしてきたが、また症状が現れるとの事

 

施術内容

全身を診断したところ、頚椎の2番に強い歪みと3番から下の下部頚椎まで可動域制限があり、首の前後から肩にかけて強い筋肉の緊張を確認しました。更に肋 骨の動きにも制限が出ている為、縦隔を診断したところ、やはり強い制限がみうけられました。そこで、まず縦隔を調整をし肋骨の動きの悪かった胸椎を調整 し、最後に頚椎を調整し首から肩にかけてのコリ、可動域が軽減されました。強い制限が出ていた為、何回かの施術を行い改善しました。

この方の場合、交通事故により左半身を電柱に強打したらしく、その影響で縦隔の動きに制限が現れ、肋骨の動きにも制限を及ぼし、第一肋骨に付着する斜角筋に緊張を起こし首から肩にかけての症状を出したのだと思います。

五十肩(肩関節周囲炎) 50代女性

  • カテゴリー: 首・肩こり

症状

右肩の痛み、動かした時に激痛が走り可動域は正常可動域の半分程になってしまった。
夜間痛も伴い寝ている時に痛みで目を覚ましてしまう事もあるとの事

 

既往症

介護の仕事の為、腰を痛めることも多く、普段から肩こりもひどい。

 

施術内容

全身を診断したところ、肩周りの筋肉は緊張状態にあり、広背筋にまで緊張が広がっていました。
右手の人差し指に制限が有り施術を行ったところ、肩の痛み、可動域は半減しました。しかしまだ痛みが残るところから更に原因を探るところ、肝臓の動きの悪 さを確認しました。本人に肝臓が悪いと伝えると、実はA型肝炎になった事があると告げられました。そこで肝臓への内臓マニュピレーションを行い肩の確認を して頂いたところ、痛みも更に軽減し可動域も増えました。

この様な症状では、更年期を迎えた女性に多くみられます。この方は更年期後、女性ホルモンの代謝に影響する肝臓を患っていた事が原因にあると思います。また膵臓を患う事で、左肩に痛みを伴う事もあります。意外にも内臓が筋骨格に影響を及ぼす事は少なくありません。

頭痛 30代女性

  • カテゴリー: 頭痛

症状

4年前から頭痛、肩こり、めまいが頻繁に表れる様になった。特に右側頭部の頭痛を強く訴えてました。

 

既往症

 

交通事故を3回経験し、ムチウチを繰り返していた。

 

既往症

 

全身を診断したところ、頚椎に歪みを確認しました。頚椎周りの筋肉にも緊張が確認されました。初回の施術で、頚椎を調整し筋肉周りを緩め、1回目の施術を 終了しました。初回の施術で、頭痛は1週間は出ないでいましたが、再び頭痛が起きました。頚椎の歪み、筋肉の緊張はそれ程強くもどっていない事を確認し再 度検査を重ねた末、後頭下三角の右側に第一次呼吸の乱れを確認し調整しました。それ以降、頭痛は解消されました。

交通事故により、強く頭を振られたせいで上部頚椎が可伸展を起こし隔膜である後頭下三角にブロックがかかり、頭痛を引き起こしたと思います。その後、肩コリ、めまいも軽減しましたが、今も本人の希望により月1回のメンテナンスに来院しています。

PAGE TOP