内臓マニュピレーションを受講してきました | 腰痛頭痛肩こり疲れ、オステオパシーは上大岡の整体院【ハビタ整体ラウンジ∴】

ブログ

内臓マニュピレーションを受講してきました

  • カテゴリー:

皆様、こんにちは。


新年、いかがお過ごしですか。


私は新年早々、オステオパシーの授業のため5日間お休みを頂いていました。


年明け早々お休みを頂き皆様にはご迷惑をお掛け致しました。


が、今回の授業は大変すばらしい授業だったので、きっと今まで以上に皆様のお役にたてるのではないかと自負しております。


今回は内臓マニュピレーションを受講してきました。


これは内臓自体の疾患、また運動器の疾患にまで絶大な効果が期待できるテクニックです。


腹腔内臓臓器は何層かの腹膜や靭帯によって互いに繋がりをもち、それらはまた筋骨格をかえし保持保護されています。


それらの関係性から体の繋がりがより理解する事ができました。


私自身、胆のうの摘出手術をしているので、術後起こる癒着によるツレ感と時に感じる鈍痛が、肝十二指腸間膜の辺りに起きた癒着だなと思いました。


私はその影響が今では首の痛みと可動域減少に繋がっています。


しかし、その痛みは学校の仲間に治療していただける事で、毎回軽減してもらってます。

感謝、感謝。。


皆様のその痛み、もしかしたら内臓からの影響もあるかもしれませんね。


でもそんな心当たりのある方、是非ハビタ整体ラウンジにご相談下さい。


きっとお役にたてると思います。




写真は、今回の授業 内臓マニュピレーションの講師をしていただいた、Francois Allart, DOUK)です。

とてもすばらしい授業に釘付けでした。

私の着ているポロシャツは、学校のエンブレムの入ったJTOC1期生のみんなで作ったユニフォームです。

大変氣にいっています!。

相変わらず変な頭の私ですが、、。笑


http://www.habitat-lounge.com


https://m.facebook.com/%E3%83%8F%E3%83%93%E3%82%BF%E6%95%B4%E4%BD%93%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%B8-638424442890191/





PAGE TOP