当院の適応症 | 腰痛頭痛肩こり疲れ、オステオパシーは上大岡の整体院【ハビタ整体ラウンジ∴】

当院の適応症

ハビタ整体ラウンジ∴の適応症

ハビタ整体ラウンジ∴ではこの様な方にお勧めします。

この様な方に
  • 医療機関で原因のわからない方
  • 様々な治療で試したが中々良くならない方
  • ご自身の症状をあきらめている方
  • 年々増す疲労を取り除きたい方
  • 全身を調整、メンテナンスしたい方
  • 身体に不安、不調のある方

…など、ハビタ整体ラウンジ∴ではこの様な方が多く来院されてます。


筋、骨格系
緊張性頭痛、首の痛み、寝違え、ムチウチ症、肩凝り、四十肩、五十肩、背中の痛み、腰痛、ギックリ腰、椎間板ヘルニア、顎関節症、助骨の痛み、指、手、肘の痛み、股関節、膝、足首、フクラハギ、カカトの痛み、足底筋膜炎、捻挫、骨折後の痛みなど、
神経系
頭皮のシビレ、手足のしびれ、胸郭出口症候群、肋間神経痛、坐骨神経痛、脳血管障害後遺症、自律神経失調症、ストレス など
内臓系
食道炎、胃の痛み、潰傷、便秘、下痢、樹満感、お腹の痛み、お腹の硬さ、呼吸が上手く出来ない、夜尿症、内臓の不調感 など

オステオパシーは現在日本において西洋医学にとって代わるものではなく補完医療、代替医療として役割を担っています。重度の疾患をお持ちの方はまずは医師の診察をお受け下さい。その上で当院に来られることをお勧めします。

・ハビタ整体ラウンジ∴ではオリジナルメニューとして「お顔の整体」も行なっております。
・顔の歪み、ほうれい線、目尻のシワ、顎の音、肌の血色、眼精疲労などがあります。

ページ上部へ戻る

適応症候の中で一般的に多く見られる症状を説明いたします。

頭痛

頭痛には、様々な痛みの種類があります。
日常、気にならない程度の痛みから、激しい痛みなど

  • 「いつもと違う」
  • 「周期的に強くなってきた」
  • 「何かで叩かれた様な痛み」
  • 「吐き気がする」
  • 「目眩がする」
  • 「毎朝、痛みが段々と増していく」

この様な痛みを伴う場合はすぐ医療機関へお尋ねください。


万が一があってはいけません。これらの場合の頭痛は、クモ膜下出血、髄膜炎、脳出血、脳腫瘍などおこりうる頭痛です。早い処置が先決です。

慢性頭痛と言われる一次性頭痛(基礎疾患のない)には3タイプあります。
それは、「偏頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」西洋医学ではこの様に分類されます

偏頭痛
偏頭痛イメージ

痛みとしては「ズッキン、ズッキン」と片側だけのこめかみや側頭部など多く発症します。
吐き気を伴う事もあります。やや女性に多く8割が女性とあげられています。 前兆を伴う人もいるらしく「ギザギザ動く歯車のような物」が見えたり「目がチカチカする」などの前兆として見られる事もあります。
偏頭痛の原因は解明されてないが「セロトニン説」「三叉神経血管説」の2つがあります。
ちょっと深くなるので興味のある方は、ご自身でお調べ下さい。


誘発因子としましては「赤ワイン」「チョコレート」「アルコール」「チーズ」 など血管拡張物質を含む食べ物が上げられています。西洋医学では、消炎鎮痛剤、血管収縮剤などを処方してくれます。いずれも前駆症状出現に服用しないと効果が少ないみたいです。 発作時は部屋を暗くし、痛みのある部分を冷やして寝ると一時的な効果があるようです。 手足などのマッサージで末端への血流量を高め脳血流を低下させる事も有効です。

緊張型頭痛
緊張型頭痛イメージ

痛みとしては、両側の締め付けられる様な痛みです。
めまいや悪心嘔吐を伴う場合もあります。
日本人では1番多いタイプの頭痛と言われ、現代生活習慣病の1つでもあるでしょう。 「パソコン作業中」や「デスクワーク」「細かい作業」「精神的ストレス」などにより 首、肩周りの血行不良が原因と言われます。 西洋医学では筋弛緩剤、消炎鎮痛剤、精神安定剤などを処方してくれます。 この様な頭痛には整体やマッサージなど代替医療が効果が高いとのことです。 そして「ストレッチ」や「軽い運動」「ストレス発散」などを心がけましょう。

群発頭痛

痛みは「目の奥をえぐられる様な痛み」が片側に表れ目も充血します。
1年に1~2回程度の発症だが発症しだすと1~2ヶ月と長く続きます。
主に男性に多くあまりの痛さに病院へ行くケースの方が多いみたいです。西洋医学では、酸素吸入、血管収縮剤、消炎鎮痛剤などを治療・処方してくれます。

  • 薬を飲んでも効かないし副作用が心配
  • 根本を改善して頭痛とサヨナラしたい
  • 何の頭痛だか、自分でもわからない

この様な方、ハビタ整体ラウンジ∴にご気軽にご相談下さい。

治療事例へ

ページ上部へ戻る

首、肩のこり、痛み身近な症状と思いきや、治すのが困難!

首、肩は、構造的に負担のかかりやすい構造をしています。わかりやすく言うのであれば、吊り橋の様な原理で肩は体についています。そして、そのバランスは様々な所から影響をうけます。

首、肩のこり
首、肩のこり02
  • 重い荷物を長時間持ち続けた後
  • 同じ姿勢をしがちな方(パソコン作業など)
  • 肩幅の狭い方、なで肩などの方
  • 背骨の湾曲がストレートに近い方
  • 上記4項目の影響で肩が前に丸まっている方
  • 眼の視力が左右差が強い方
  • 物を食べる時、片側で噛む習慣のある方
  • 胸郭に何か傷害のある方
  • 血圧の高い方
  • 枕があってない方
  • ストレスが溜まっている方
  • 体のバランスが乱れている方  など

これらが原因の一部として構造的バランスが乱れ首から肩にかけてのコリを生じる原因にもなります。 その為首肩周りの筋肉が収縮した状態が持続し血流が滞びり栄養酸素の供給が貧しくなる事により起こると言われています。
また、外傷やopなどで強いブロックが体に生じた事でも原因が分からず起こる事もあります。


治療事例へ

ページ上部へ戻る

腰 痛

腰痛

腰痛患者は増え続けています。

厚生労働省の国民生活基礎調査によると、日本人の中で自覚している症状の第1位が腰痛、第2位が肩こり、第3位が関節痛だそうです。

この調査によると、日本国内の腰痛患者は約1000万人。肩こりと関節痛も含めると2500万人もの人が筋骨格系の痛みに苦しんでいるのです。

これだけ医学が進歩しても、医学としての腰痛治療法は今だ確立されていないのです。 病院で腰痛が治せるのなら、整体院など民間療法は必要ありません。にも関わらず、病院ではなかなか治らない腰痛の方がたくさん来院されます。


ハビタ整体ラウンジで腰痛患者さんに対して、正しい腰痛に関する情報をお知らせするとともに、原因にアプローチする整体を行っています。

腰痛は様々な原因で起こる症状です。
 

一言に腰痛と言いますが臨床の場において腰痛には様々な原因があると認識しています。
その上痛む箇所や痛みのレベルも様々です。また複合的に腰痛と他の部位が痛むケースもあります。

ハビタ整体ラウンジの経験から考えられる原因
腰痛イメージ
  • デスクワークなど生活習慣からくる不良姿勢による腰痛
  • 突発的な、筋肉・軟部組織に負担をかけ発症する腰痛
  • 椎間板や椎体の破損からおこる腰痛
  • 血流障害から起こる腰痛
  • 内臓疾患、婦人科疾患から起こる腰痛
  • 外科的手術により、膜の癒着から起こる腰痛
  • ストレス、トラウマなどの影響で起こる腰痛
  • 他の部位から膜がひっぱられ起こる腰痛
  • 骨膜、靭帯断裂などや破損からおこる腰痛

簡単にあげてもこれだけの原因が挙げられます。

西洋医学的に手術が必要でない疾患に関して
西洋医学的に手術が必要でない疾患に関して

西洋医学的に手術が必要でない疾患に関しては、主に牽引、電気治療、薬物療法などがあげられます。 レントゲンやMRIで異常な箇所がないのであれば、お薬だけ処方して頂く事が多いです。また手術は必要ないが激痛に悩まされる様な症状にはブロック注射などの神経ブロックを行う場合もあります。 ただ痛みは消えるかもしれませんが、知っていて頂きたい事は、治ったのではなく痛みを止めているという事を知っていて下さい。それにより、再発した場合、以前より強い症状が起こる可能性があると言う事です。


椎間板ヘルニアや腰椎分離すべり症、脊柱管狭窄症などで強いシビレも痛みを伴う場合は一度医療機関に行かれることをお勧めします。

そこで手術の必要がない場合などは民間療法に行かれてみてはいかがでしょうか?
上記の症状でも手術を勧めるわけではありません。
本来、体にメスを入れると言う事はやむおえない限りお勧めは私はしません。
なぜならば手術において体を切開した場合、皮膚組織、筋組織と膜組織を合わせて縫う事で癒着が起こってしまうからです。
またその癒着が原因で膝や肩などにも痛みを出すことがあるからです。

また婦人科疾患などからくる腰痛、尿管結石、大腸癌、腎臓病、子宮筋腫などその様な場合はハビタ整体ラウンジでは今の時点では対応が難しいので他治療院、医療機関をお勧め、紹介致します。

ハビタ整体ラウンジで対応できる腰痛は?
ハビタ整体ラウンジで対応できる腰痛は?

今の時点では椎間板ヘルニア、腰椎分離すべり症、脊柱管狭窄症を治すことは出来ませんが日常生活に差し支えないレベルになられてる方は多くいらっしゃいます。
一度ご相談にこられてみてはいかがでしょうか?
一般的に多い方は、慢性腰痛、急性腰痛(ぎっくり腰)、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、腰椎分離すべり症の方などは多く来院されています。
ご自身がどんな症状かわからない場合なども一度、来院されることをお勧めします。


治療事例へ

ページ上部へ戻る

アンチエイジング

アンチエイジング

ハビタ整体ラウンジではアンチエイジングメニューとして「お顔の整体コース」もあります。
顔は左右一体になっている機器4箇所あります。 目、鼻、口(歯を左右に分けます。)耳です。これらの器官の働きに左右差が出ると肩こり、首こりにつながると同時に表情の筋肉の緊張にも影響します。それによりシワが深くなったり顔の左右差が表れたり顎に違和感を感じる場合があります。ハビタ整体ラウンジではそれら筋肉、骨格を調整しお顔の若返りも行います。


  • 顔の左右差のある方
  • ほうれい線の気になる方
  • 顔のリフトアップをしたい方
  • ほほ骨の凹凸が気になる方
  • アゴの痛み、違和感、開きやすさ、音の気になる方
  • 顔の血色の悪い方
  • 眼精疲労
  • 顔のムクミ
治療事例へ
ご予約・お問い合わせ
PAGE TOP